>  > 女の子との時間にて

女の子との時間にて

日常生活の中で女の子と二人きりになるシチュエーションなんてまず有り得ません。女の子と二人きりになるのは風俗だけです。だからどうしても緊張してしまうんですよね。しかも風俗店ってそこまで広くはないじゃないですか。むしろそれを狙っていると思うんですけど、そのおかげで緊張感もどうしても相当なものになってしまうというか、リラックス出来ないんですよ(笑)まだまだ女の子と二人きりってシチュエーションだけではなく、風俗そのものになれていないんだなって自分でも実感しているんですけど、嫌いって訳ではないんです(笑)むしろその緊張感がちょっと心地良かったりするんですよね。それもあって風俗にはよく足を運ぶんです。冒頭の言葉だけだと自分がまるで風俗のことはあまり好きではない人間なんじゃないかって思うかもしれませんが、実際にはそうじゃないんです。むしろ風俗は大好きなんですよ(笑)だから緊張感も楽しませてもらっているんですよね。

体全部を使って愛撫してくれた風俗嬢

初めてのデリヘル経験が終わって一か月後。俺は再び同じデリヘルで前回とは違う風俗嬢を指名して家に来てもらった。前回の風俗嬢はかなり丁寧に全身を愛撫してくれて、フェラとテコキの力の入れ具合がいい感じだった。でも、二回目の経験となるともっと過激なプレイをしてみたいし、何といってもめちゃめちゃ気持ちよく射精したい。だから、今回の相手は胸とお尻が大きいだけでなく、全身を使った絶妙な愛撫で定評のある女性を指名したんだ。家に来てくれた彼女はすぐにシャワーを浴びにいって、なぜかバスルームに俺を呼んだ。初めは全身を洗ってもらってから彼女の体で全身愛撫してくれるのかなと予想していた。そして、実際にバスルームに行くと彼女はすぐに肉棒を洗ってフェラを始めてくれた。彼女の頭を掴んで俺もゆっくり腰を振り、彼女の口の中をじっくり楽しんだ。次に、彼女はおっぱいに唾液を垂らしてからパイズリをしてくれた。この時点で我慢できなくなり射精したが、その後も彼女は激しく攻めてくれた。過激な攻めの凄さを改めて実感した。

[ 2016-07-24 ]

カテゴリ: 風俗体験談